message 代表メッセージ

Little Happiness

message 代表メッセージ

なんでもいい。
夢を持って欲しい。
そして決めたら全力で。
リトルハピネスは
当たり前に
夢を持てて
実現できる会社。

株式会社リトルハピネス
代表取締役 箕輪喜彦

―リトルハピネスを設立された
経緯を教えてください

先代が読売ランド駅前で駄菓子屋をやっていたのがリトルハピネスのはじまりです。私はパン屋さんになりたくて修行していたのですが、先代が亡くなりまして、家業の駄菓子屋を手伝うことになったんですが、何も作らないで売るだけ、というのは若い自分にとって面白くなかったんですよね。そこで、近くに支店を作って、当時はあまりなかったコンビニとベーカリーをくっつけたお店をオープンしました。その後、徐々にパンに特化するようになり、明治大学が近かったので、明治大学の生協にパンの卸売りをしたりしました。

その後、駄菓子屋でもパンの販売を開始しようとしたのですが、駅前だと今までより売れるから、1人では作りきれないので、そこで32歳の時にFC加盟してリトルマーメイド読売ランド店がオープン。その時に法人化して有限会社 箕輪商店としました。

でも、私がオーナー店長で、近くにいると社員は自分が店長になれないから夢が感じられないので、すぐに辞めていってしまったんです。その時に、みんなが活躍できる場を、と思い2号店オープンの構想を固めました。

2号店もリトルマーメイドにしようと思っていたのですが、縁があってサンマルクカフェの社長さんと出会いまして、それがきっかけで2号店はサンマルクカフェのFCとして出店しました。

そのタイミングで、会社名も、箕輪商店という自分が中心の社名ではなく、焼きたてパンの小さな幸せをお客様に運ぼうという気持ちを込めて「リトルハピネス」という社名に変更しました。

その後、自社ブランドのボヌールをオープンして今に至ります。

―お客様に対して、どういう会社で
ありたいとお考えですか?

私が幼いころに経堂の商店街で並んで買った、焼きたてのあんパンがいまだに忘れられないんですよ。その感動を1人でも多くの人に知って頂きたい。それを提供できるような会社でありたいです。どの店舗も、お客様のほとんどがお店の半径500m以内に住んでらっしゃって、やはり地域密着なんですよね。その地域のお客様の1人でも多くにリトルハピネスの理念「焼きたてのパン」を提供しようと思っています。売上どうこうじゃなくて、お客様が「わーおいしい!」って喜んだ顔を見るのが嬉しいですね。

店舗展開していくと、どうしても数字を追っちゃって、そのあたりのことを忘れちゃうんで、もう一度この時代に理念を合わせて、リトルハピネスは何のために商売しているのかをみんなに共感してもらおうと思っています。

―リトルハピネスの魅力とは、
何でしょうか?

リトルハピネスは成長したいというビジョン・夢を持っている人を徹底的にサポートしています。
リトルハピネスは、夢があってこの会社にずっといる予定じゃない社員でも同じように教育しますし、夢の実現のバックアップにはお金をかけます。リトルハピネスには、元ニートの店長もいますし、夢が持てなくて悩んでいても、夢を持てて実現できる、それがリトルハピネスの魅力です。

パン屋さんっていうのは、本当に大変です。でもお客様との距離も近く、直接お客様の反応に触れることができます。将来成長したあなたを見て、他の人があんなパン屋さんになりたいなって思われる人になって欲しいですし、そういう人を育てられるような人材に育って欲しいです。そして何より、焼きたてのパンを食べた時のお客様の喜んだ顔から得る感動を、リトルハピネスなら味わえると思いますので、ぜひ一緒に夢を追いかけましょう。

会社紹介動画

リトルハピネスを5分でご紹介します